10会議
PDFダウンロード
   
フライヤー
PDFダウンロード

プレスリリース
PDFダウンロード

Under 35 Architects exhibition 2021
35歳以下の若手建築家による建築の展覧会(2021)

「Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会2021」を、今秋、大阪駅前・うめきたシップホールにて開催します。これからの活躍が期待される 35歳以下の出展候補者を全国から募り、ひと世代上の建築家である「吉村靖孝」の厳正な審査を経て選出された建築作品の展覧会です。また、その出展作品の中から優秀な作品を選出し、Under 35 Architects exhibition 2021 Gold Medal賞 を授与します。本展は、これからの活躍が期待される若手建築家に発表の機会を与え、日本の建築の可能性を提示し、建築文化の今と未来を知る最高の舞台となるでしょう。

 

【会  期】

 

【Period】

2021年10月15日(金)〜25日(月) 12:00〜20:00
[11日間] 期間中無休 最終入場19:30 
※最終日は16:30最終入場、 17:00閉館
October 15, 2021(Friday)-
October 25, 2021(Monday)12:00〜20:00
[11 Days]open throughout the weekend 
※ last admission 16:30

【入  場】
【Fee】

¥1,000
1,000JPY


【展覧会場】

【Venue】
大阪駅・中央北口前 うめきたシップホール
〒530-0011 大阪市北区大深町4-1うめきた広場
JR Osaka Station Central Exit / Umekita Ship Hall Umekita Plaza, 4-1 Ofukacho,
Kita-ku, Osaka 530-0011 JAPAN
【出展者】
【Exhibitors】

板坂留五

榮家志保

鈴木岳彦

Rui Itasaka

Shiho Eika

Takehiko Suzuki

《半麦ハット》
《秋本邸》
《Bed & Business》
奈良祐希

西原将

畠山鉄生+吉野太基

Nara Yuki

Sho Nishihara

Tetsuo Hatakeyama+Taiki Yoshino

《陶芸と建築の邂逅》
《三宿の部屋》
《河童の家》
宮城島崇人
Takahito Miyagishima
《O Project》

Under 35 Architects exhibition 2021 OPERATION BOOK
35歳以下の若手建築家による建築の展覧会(2021)図録


版型:A5版
項数:201頁 フルカラー


定価:¥1,000(税込)

記念シンポジウム 10月16日(土) 2021.10.16


出展者の皆様

五十嵐淳さんと出展者の板坂さん

 倉方俊輔さん、藤本壮介さんと出展者の榮家さん

芦澤竜一さんと出展者の鈴木さん

 谷尻誠さんと出展者の奈良さん
平田晃久さんと出展者の西原さん

 倉方俊輔さんと出展者の畠山さん、吉野さん

吉村靖孝さんと出展者の宮城島さん
 展覧会場の様子


出展者の一世代上の世界で活躍されている建築家の方々をお招きし、
出展作品の批評や白熱した議論が交わされました。

シンポジウムの様子

 シンポジウムの様子


審査員の吉村靖孝さんが板坂さんにゴールドメダルを授与

今年のゴールドメダルは板坂留五さんが受賞

 

※ 会場  グランフロント大阪北館4階 ナレッジキャピタルナレッジシアター
※ 定員  381名→190名
※ 入場料 ¥1,000
※ お申込みいただきましたら、自動返信メールにて申し込み番号をお送りしますので、番号を控えて会場にお越しください。
※ 席に限りが有り、入場をお断りすることがあります。開演10分前には必ずお越しください。
※ お申し込みなく参加される場合は、当日14:00より若干名様まで整理券を発行します。混雑状況により入場をお断りすることがありますのでご了承ください。



昨年開催のシンポジウムの様子

Under 35 Architects exhibition 2021
U-35 2021出展者
2021.04.24

予想を超える多数のご応募をいただきました出展者募集でしたが、吉村靖孝氏及び主催者による厳正な審査の結果、「Under 35 Architects exhibition 2021 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会(2021)」出展者が決定致しましたので、ここにご報告させていただきます。今秋 10/15(金)からの展覧会にご期待ください。

板坂留五           Rui Architects
Rui Itasaka  
                

1993年兵庫県生まれ。2016年東京藝術大学卒業。2018年東京藝術大学院修了後、独立。2020年より、東京藝術大学にて非常勤講師を務める。2019年秋、修了制作から取り組んでいた両親の店舗兼住宅「半麦ハット」(共同:西澤徹夫)を竣工。翌年に、本建築を通してさまざまな人が考えたことを束ねた書籍「半麦ハットから」(盆地Edition)を出版。2020年春、パン屋兼ギャラリー「タンネラウム」の内装設計を行い、同世代の作家とのトーク「タンネラウムを語らう」と同時に発表。そのほか、演劇や展覧会の会場構成や生活工房ギャラリーのプチリニューアルなどがある。

榮家志保            EIKA studio
Shiho Eika  
                                             

1986年姫路生まれ。京都大学工学部建築学科卒業、東京藝術大学美術研究科建築専攻修了。同大学院在学中にトルコ・イスタンブールのミマール・シナン美術大学へ交換留学。中東での人を過ごさせる力をもつ道空間に惹きつけられ、路上リサーチを起点に修了制作を行う。2012年より大西麻貴+百田有希/o+hにてインスタレーションから公共建築まで担当し、現在パートナー。2018-21年東京藝術大学教育研究助手。2019年より個人の活動としてEIKA studio主宰。主な作品に「秋本邸」(2020年)など。

鈴木岳彦         鈴木岳彦建築設計事務所
Takehiko Suzuki
                                         

1987年埼玉県生まれ。2010年東京大学工学部建築学科卒業。2011年スイス連邦工科大学チューリッヒ校交換留学、2012年東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修了。2012-16年OMA Hong Kong / Rotterdam勤務。東京大学学術支援専門職員を経て2019年鈴木岳彦建築設計事務所設立。主な作品に、施主が自らの作業に没入しつつも豊かな周辺環境とのつながりを回復することを目指した3坪の離れ「TUNNEL(2019)」。「TUNNEL」にてGerman Design Council ICONIC AWARDS 2020 ‘BEST OF BEST’ 受賞。

奈良祐希             EARTHEN
Yuki Nara

1989年石川県金沢市生まれ。2013年東京藝術大学美術学部建築科卒業、2016年多治見市陶磁器意匠研究所修了。2017年東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻首席卒業、北川原温建築都市研究所勤務を経て、2021年よりEARTHEN主宰。陶芸分野では、Art Basel / Design Miami(スイス)、TEFAF(オランダ)、SOFA(アメリカ)などに招待出品。主な受賞歴に金沢世界工芸トリエンナーレ審査員特別賞(2017)。作品は根津美術館(東京)、ヴィクトリア&アルバート博物館(英国)などに収蔵されている。建築分野では、主な作品に「障子の茶室」(2018/金沢21世紀美術館、台南市美術館)。陶芸と建築、二つの領域をまたいだ創作活動を行っている。


西原将               sna
Sho Nishihara 
            

1985年愛媛県生まれ。松山工業高校卒業後、小田急電鉄に整備士として勤務。2012年京都大学工学部建築学科卒業。2016-2018年スキーマ建築計画に勤務。スーパーマーケットの設計や京都市立芸術大学プロポーザルなどを担当。2020年よりsnaとして活動。「建築家の意図≠個々の体験」とすることをテーマに形式やモノ、能動的な使い方まで考え実践することを目指して設計している。


畠山鉄生+吉野太基    
アーキペラゴアーキテクツスタジオ建築設計事務所
Tetsuo Hatakeyama+Taiki Yoshino

畠山 / 1986年 富山県生まれ。2011年 武蔵野美術大学卒業。2013年 同大学大学院修士課程修了(菊地宏研究室)。2017年 増田信吾+大坪克亘を経て Archipelago Architects Studio 設立。
吉野 / 1988年 熊本県生まれ。2011年 武蔵野美術大学卒業。2015年 東京藝術大学大学院修士課程修了(乾久美子研究室)。2020年 長谷川豪建築設計事務所を経て Archipelago Architects Studio 参画。
主な受賞歴として、 2017年 新建築住宅設計競技2017 佳作(畠山)、2019年 SDレビュー2019 入選(畠山+吉野)。


宮城島崇人          宮城島崇人建築設計事務所
Takahito Miyagishima

1986年北海道生まれ。2011年東京工業大学大学院修了後、マドリード工科大学(ETSAM)奨学生。同年、北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院博士課程に進学し、観光をきっかけに再認識される地域の景観や町並みに関するリサーチ及びデザインに取り組む。2013年より主宰する宮城島崇人建築設計事務所にて建築設計を中心に、環境と人間の新しい関係をつくりだすことを試みている。主な作品に、丘のまち交流館”bi.yell”(2015)、サラブレッド牧場の建築群(2016~順次竣工)、山裾の家(2018)、O project(2020)など。

出展者説明会・座談会 4月2日(金) 2021.04.02

出展候補者及び関係者一同が、展覧会会場であるうめきたSHIPホールに集合し、出展者説明会と座談会を行いました

後援:毎日新聞社 野原様
特別協力:グランフロントTMO 濱様 宇野様
事業協賛:山下PMC 高木様、丸山様、加賀井様
座談会の進行:建築史家・倉方俊輔様

今年度審査員:建築家・吉村靖孝様

建築家・藤本壮介様
本展のオーガナイザー:建築家・平沼孝啓様
座談会の様子
出展者説明会の様子
 

出 展 者 募 集 の 締 切


2020年11月1日(月)より 2021年2月12日(金)まで公募で募りました、出展者募集に、多数のご応募をいただき誠にありがとうございました。

応募者の皆様には、厳正なる審査の上、2月27日(土)までに直接ご通知をいたします。
また本展の出展者は、4月下旬に本ウェブサイトにて発表をいたします。どうぞご期待ください。

U - 3 5  2 0 2 1

他 薦 ・ 推 薦 枠  1 0 組 を 発 表 い た し ま す 。

                    

さて、2020年10月17日に実施しました、本展・記念シンポジウム後に、出展者のひと世代上の建築家・建築史家10名が揃い、本年以降の開催プログラムを議論し、決定しました 10名の建築家による推薦者を発表いたします。(詳細は上記PDFを参照)

01.五十嵐太郎 ●原田雄次      │原田雄次建築工房
02.倉方俊輔    ●太田翔+武井良祐 │OSTR
03.芦澤竜一  ●山口晶       │TEAMクラプトン
04.五十嵐淳   ●森恵吾 + Jie Zhang │ATELIER MOZH
05.石上純也  ●岸秀和       │岸秀和建築設計事務所
06.谷尻誠   ●鈴木岳彦      │鈴木岳彦建築設計事務所
07.平田晃久  ●松下晃士      │OFFICE COASTLINE
08.平沼孝啓  ●榮家志保      │EIKA studio
09.藤本壮介  ●板坂留五      │Rui Architects
10.吉村靖孝   2021年 審査委員長のため不選出

上記の推薦枠より3-4組、現在募集中の公募枠により3-4組 =計7組

※ 推薦枠・公募枠による選出数は、 当年、審査委員長により若干異なりますので、 あらかじめご了承ください。

2021年も、若手建築家7組による 建築の展覧会を実施いたします。奮ってご応募ください。


出 展 者 募 集 の ご 案 内

「Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会」の第12回目の開催にあたり、今年も出展者を一般公募致します。若手建築家としてこれからの活躍を期待される35歳以下の出展候補者を募り、2021年秋に開催致します。

本展では、これからの活躍が期待される若手建築家に発表の機会を与え、これからの建築の可能性を提示し、多くの人に向けた展示・発表を行うことを目的としています。

そして、2015年度より賞の設定を開始しましたとおり、展覧会より優秀な展示作品を1点審査選出し、Under 35 Architects exhibition 2021 Gold Medalを授与致します。

募集の詳細は下記に記載いたします。皆さまからのご応募をお待ちしております。

※ 日程や会場等は仮の予定です。
  都合により変更することがございますのでご了承ください。


AAF (Art and Architect Festa) is pleased to officially announce the Call for Entries for the ninth annual exhibition, "Under 35 Architects exhibition" that will be held in coming Autumn 2021. We encourage new generation of Architects to contribute for the future. Thus, all under-35 Architects are given opportunity to participate in this exhibition.

In this exhibition, young architects are given the opportunity to measure their abilities and express their ideas for the future architecture to the society.

Since 2015, one outstanding work during the exhibition will be selected for the "U-35 Gold Medal". We are looking forward for your application. Please find applications detail in the following.

※ Venue and Schedules are tentative.
Please note that there may be some changes in circumstances.

募 集 要 項

応募要項 Application Guideline(PDF)
開催概要 Outline(PDF) ※Only available in JAPANESE
応募用紙Entry Form(PDF)※Only available in JAPANESE (2020年11月23日改定)

【審査方法】
審査員 吉村靖孝氏による書類審査(履歴書・ポートフォリオ)にて選考の上、必要に応じ面接審査を行い出展者の選出を行います。

【Evaluation Process】
All entries (CVs, Portfolios) will be evaluated by the appointed Jury, Arch. Yasutaka Yoshimura.
We will conduct further interview screening as necessary.

吉村靖孝(よしむら・やすたか)建築家
Yasutaka Yoshimura, Architect

1972年愛知生まれ。97年早稲田大学大学院修士課程修了後、MVRDV(蘭)に勤務し、05年吉村靖孝建築設計事務所設立。18年より早稲田大学教授。主な受賞に、吉岡賞、アジアデザイン賞金賞など多数を受賞する。


     

【選出数】
定めはありませんが会場規模・構成の都合上、全ての出展者計7組程度の選出を行います。
(内訳:公募による選出2-3組程度、指名による選出2-3組程度、シード権による選出1-2組)

【Exhibitor Number】
Expecting 7 qualified entries depending on the final venue size & layout.
(Breakdown: 3 general applications, 3 nominations from the recommendations, 1 seed-right qualificatio)

・シード権による出展者
U-35 2020 ゴールドメダル 賞 受賞者
・Seed Right Exhibitor
U-35 2020 Gold Medal Prize Awardee

U-35 2020 伊東賞 受賞者
・Seed Right Exhibitor
U-35 2020 ITO PRIZE Prize Awardee

【出展料】
無償(主催者負担)
【Exhibition Fee】
No charge on facility / venue / participation


【出展条件】
出展作品の制作費、説明会(現地)、搬入・搬出、ギャラリー・トーク、シンポジウム時の旅費、その他展示に要する費用は出展者のご負担となりますので、予めご了承ください。

【Conditions】
Each exhibitor is responsible for all production cost, installation, dismantling, loading and unloading, transportation, accommodation and other necessary costs and expenses.


【特 典】
1. 本展開催中には、約1万人の方々が来場され、一般者を含む多くの方々へ発表する舞台となる。
2. シンポジウムにゲストとしてご登壇される建築家へ、考えや作品が認知される。
3. 建築界においてのゼネコンや組織設計事務所、メーカーや学生等、世代を超えた交流が生まれる。

【Privileges】
1. Maximize your great exposure during the exhibition. Exhibition expects 10,000 visitors from different fields and places.
2. Opportunity to reveal your potentials and get recognized by well-known architect/s in the symposium.
3. Chance to have intuitive network and multiple connections beyond generations in the related fields.


【賞】
1点 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会2021ゴールドメダル賞
   ※ 毎年 (略称名:ゴールドメダル賞)




【Prize】
1  Under 35 Architects exhibition 2021 GOLD MEDAL
※ every year (Abbrev. GOLD MEDAL)

※ 展覧会の出展作品と出展者に対して、今後の活躍が期待できる最も優秀な若手建築家を1名ずつ選出しゴールドメダル賞を授与します。

※ Each prize: GOLD MEDAL PRIZE and ITO PRIZE (biennially) will be awarded to the respected young architect (or team) for having the most outstanding exhibit work and personality.

ゴールドメダル賞
1. 賞状(シンポジウムにご登壇される、ひと世代上の建築家一同から連名にて)
2. 副賞(展示会場・設置の後、ゴールドメダルが授与されます)
3. 翌年・出展候補者としてのシード権


【応募・問合せ先】
特定非営利活動法人(NPO法人)アートアンドアーキテクトフェスタ
〒550-0015 大阪市西区南堀江2丁目9番14号 
Eメール info@aaf.ac
※ ご質問、お問合せは上記Eメールにてお問合せください。
※ 電話によるお問合せは基本的にお受けできません。あしからずご了承ください。
※ 詳細はウェブをご覧ください。http://u35.aaf.ac/

【Contact Us】
Non-Profit Organization (NPO) Art and Architect Festa (AAF)
2-9-14 MinamiHorie, Nishiku, Osaka, Japan 550-0015
E-mail info@aaf.ac
※ For questions & inquiries, Please contact us via E-mail in English or Japanese.
※ Please take note that we don't accept inquiries via telephone.
※ For more details and updates, please visit the website. http://u35.aaf.ac/

Archive  


【お問合せ】特定非営利活動法人(NPO法人) アートアンドアーキテクトフェスタ  info@aaf.ac

【Inquiry】Non-Profit Organization (NPO) Art and Architect Festa (AAF)  info@aaf.ac